HINAMI13

ニュートンと踊るガチョウ

作品予告編

作品概要

小学5年生のダイゴは、最近転校してきたばかり。楽しいことはネイチャーニュートン団という科学クラブに入ったことくらいで、家に帰れば教育ママとの二人暮らしに息が詰まっている。そんなある日、ネイチャーニュートン団は「妖怪は存在する」と主張する大人たちに出くわし、妖怪スポットとして紹介されたご神木を訪ねる。そこには玉藻、天邪鬼、ぬらりひょんという三人の妖怪がいた。妖怪は子供たちの想像力をエネルギーとしてこの世に生まれるのだが、近年の子供たちの想像力の枯渇によって、彼ら三人以外の妖怪は地球上から全滅してしまっていた。三人の妖怪たちは、つい最近亡くなった長老から「子供の力を借りてもう一度妖怪の世界を栄えさせよ」との遺言を受け取っており、一方子供たちも初めて見る妖怪に興味津々。こうして、ダイゴたちネイチャーニュートン団と妖怪たちとの奇妙な交流が始まる。